2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

忘れられない「あの人との思い出」

1 :ミキ:04/03/31 20:00
私には忘れられない人がいます。
私は今は別の人と生活していますが、毎日の様々なシーンで
「あの人との思い出」がよみがえります・・・
私と彼は突然仲がよくなり、よくデートをしていました。
その1ヶ月後、彼が仕事の関係で出身地へ戻る事になったのです。
それでも遠距離恋愛は続き、毎週末新幹線で彼の所へ行ったり、
彼が来てくれたり・・・そんな週末を何度か迎えたある週末、
いつものように新幹線ホームでのお別れ際に突然知らない女性が
近寄ってきて、「私、この人と昔から付き合っているんです!」
どうやら彼の昔からの彼女でした・・・その瞬間彼は逃げ出したのです
新幹線の扉は閉まり新幹線は出発しました・・・
私は涙顔で席にも座れず立ちすくんでいると誰かが背中をポンポンと・・・
振り向くとそこに彼が立っていました。
私達は人目も気にせず沢山キスしました。
今でも新幹線や駅を見るとあの日の事が思い出されます。
彼とは数年前に別れました。今でも彼の事を好きです。
ここに書ききれないほどの思い出があります。

2 :恋する名無しさん:04/03/31 20:06
EEYAN

3 :恋する名無しさん:04/03/31 20:11
>>1
(T-T)ウェーン
青春だねー!

4 :恋する名無しさん:04/03/31 20:15
よく冬の寒い日の帰りにコンビニ寄って肉まん買って二人で食べた。
おごったり、おごられたり・・・時には割り勘で。
からだをくっつけて食べていたのであらゆる意味で暖かい・・・
(キスするとにんにく臭いが・・・)

キスか・・・

毎日一回はキスしてた。(でもたまにしなかった。喧嘩のときとか)
風邪の時にも、「風邪うつるよ」と相手に言われてもしたー
見事に風邪をもらったw

この恋ももうおわったがな・・・

5 :恋する名無しさん:04/03/31 20:52
>>4
「風邪うつるよー」ってよくあるある!
うつった事は一度も無いが・・・

俺の思い出は、コンビニで良く一緒に買物に行った事。
いつも飲み物で喧嘩になっていた。
大抵俺が負けて彼女の好きな飲み物になっていた。
でも食い物はいつも俺の好きなものを作ってくれた。
そんな彼女は今はもういない・・・

6 :恋する名無しさん:04/03/31 21:02
なんちゅー切ないスレだ…

7 :恋する名無しさん:04/03/31 22:15
俺の場合
彼女と良く競馬場に行っていました。
彼女はいつも決まって同じ馬の馬券を買っていた。
その彼女の好きだった馬はサイレンススズカ!
最初はそんな逃げ馬は嫌いだった俺もいつしか
彼女と共に応援するようになってました。
圧勝を続けていたサイレンススズカ!もはやレコードだけが期待された
ある年の天皇賞(秋)。当然彼女と俺もそのレコードを現地で見たく
東京競馬場へ!武豊の騎乗で単勝人気がほぼ1倍。
スタートからいつもと同じ独走で第4コーナーへ!
その時武が手綱を緩め、痛そうにもがくスズカ。
骨折でした。横をふとみると当たっても儲けの無い単勝馬券を握り締めるながら
泣いている彼女。スズカはレース後に安楽死させられる事は俺たちには
想像できていました。
彼女はそれから競馬をしなくなりました。
俺も殆んど競馬をしなくなりましたが、ラジオから聞こえてくる第4コーナーの
アナウンスを聞くといつも「あの彼女とサイレンススズカ」を思い出します。
たかが馬の命だけで涙を流した彼女の事を今も少しだけ気になります。



8 :恋する名無しさん:04/03/31 22:26
>>7
競馬ファンです
思い出しちゃったよ・・・スズカー!
ウゥ・・・

9 :期待!:04/03/31 22:53
良スレだろ?

10 :恋する名無しさん:04/04/01 01:54
私は彼と毎年大晦日に紅白、行く年来る年を見た後に
初詣に出かけるのが恒例でした。
雪が降っていたり、空の星が凄く奇麗だったり、風が強かったり・・・
2人並んで賽銭を投げ、その後2人揃ってお願い事をしました。
お互い何をお願いしたのかは聞かないようにしていた。
毎年同じようなことを何度くりかえしただろう・・・
そこで気が付いたのはこの時は一度も喧嘩した事が無かったって事!
1年中喧嘩ばっかしていた私達でもこの時はいつも喧嘩しなかった。
当然私にとって彼とこの時間を共に過ごす事が一番大切だった。
すごく普通の話でごめんなさい。






11 :恋する名無しさん:04/04/01 02:05
なぜ男はまんこを舐めたいのだろう。

12 :恋する名無しさん:04/04/01 02:08
そこにあるから

13 :恋する名無しさん:04/04/01 02:16
マンコがなめたいというよりは
彼女を感じさせたい
感じないならマンコなど舐めない

14 :恋する名無しさん:04/04/01 02:19
無くても舐めに行くだろ?

15 :虎獅狼:04/04/01 12:35
忘れちまったなぁ〜
昔のことなんか
(都合の悪い事は忘れる事にしている。)

16 :恋する名無しさん:04/04/01 14:53
age

17 :ホモではありません:04/04/01 15:53
皆さん辛い方が多いですね!

俺の場合、男友達で忘れられない思い出があります。
数年前の正月休みの話。
久しぶりに仲の良い友達グループでカラオケに行き、
彼の十八番のヘタクソなB'zで昔のように盛り上がりました。
その後はいつものパターンでファミレスへ行き、最近の
話、愚痴などをお互いに語り合いました。
その友達は大学卒業後に就職もせずしばらくフラフラ
とアルバイト程度で生活していたのですが、最近彼女ができた
らしく真面目に就職活動をしている話をしていました。
これからのサクセスストーリーを勝手に話続ける彼。
殆んど聞いていない俺達。
結局朝になりそれぞれ家に帰りました。数日後、正月休も終わり
仕事をしていると友達から携帯に電話が・・・
「彼が死んだらしい」・・・・
死因は分かりません。家族からも詳しい内容は伝えてもらえませんでした。
病気や事故ではないと思います。
自殺、他殺・・・今でも分からないままです。
俺と彼とは数十年という長い友達でした。
彼がいつも歌っていたB'zの曲。
たまに町で流れていたりして思い出します。
今でも彼は俺の心の中で生き続けています。

18 :恋する名無しさん:04/04/01 16:25
Bzなんて曲??

19 :ホモではありません:04/04/01 18:24
>>18
俺は曲名が分かりません
あまりにも曲数がありすぎて書ききれないほど・・・
とにかくヘタでした
でも面白かった!

20 :恋する名無しさん:04/04/01 18:25
彼のクンニが凄く下手だった。。

21 :恋する名無しさん:04/04/01 18:59
確かに彼女との思い出といえばHの事が多いな。
必ずHにも癖があるでしょ?
この子はこんな癖、あの子はこんな癖みたいな。
そういったのも忘れられない思い出だと思う。
ちなみに俺の思い出は昼間の公園でのフェラです。


22 :ミキ:04/04/01 19:46
皆さんの貴重な思い出の書き込みありがとうございます。
内容はどんなものでもいいと思います。
それでも本人にとっては忘れられない大切な思い出なんです。
きっと共感できる内容もあると思います。


23 :恋する名無しさん:04/04/01 19:48
「思い出に残る食事」のようになってきたが・・・

24 :恋する名無しさん:04/04/01 19:56
彼女が寂しそうに一人で居るのを見かけた俺は
気づかれないようにそーっと近づいていって
後ろからぎゅう・・・としてあげて・・・

それでもなんか寂しそうだったから
ほっぺたにキスしたげた・・・
ちょっと驚いてたなあ。

これも過去の・・・はぁ。。。

25 :恋する名無しさん:04/04/01 20:05
>>24
素敵な思い出だね

26 :恋する名無しさん:04/04/01 20:23
ぁたしのバィトの思い出

ぁたしがバィトしてたホームセンターが、つい先週閉店になった。
ちょうど今から1年前に始めたから、ぁの頃と風の匂いが一緒だ。
ぃろんな人を好きになった。友達もたくさんできた。
パートさんも社員さんも、ィィ人しかぃなかった。
すごく居心地のぃぃ場所だった。

閉店の理由は、去年の6月ぐらぃに近くに大きいホームセンターが
できたから。1月の終わり頃に知らされた。

もぅ、ぁの道を通ることがなぃと思うと、すごく寂しい。
もぅ、みんなが顔をそろぇることはなぃと思う。
個人的にバィト数人で会うことはぁるかもしれなぃけど、
ぁのメンバーみんなで、ぁの場所で会うことは絶対なぃから、
すごくすごく寂しい。

ぁたしは、この1年で得たものを大事にして、みんなのことも、
このお店のことも絶対忘れない。

マジみんなありがとぉ!!!会えなくても、ずっと仲間だからねぇー!!!

27 :恋する名無しさん:04/04/01 21:21
>>26

アフォかお前?

スレ違いじゃボケ

28 :26:04/04/01 21:46
そんなぁ。。。頑張って打ったのにぃ(>_<)
ごめんなさぃ

29 :恋する名無しさん:04/04/01 22:07
>>28

氏ねクズ

30 :恋する名無しさん:04/04/01 23:24
>>28
ちとスレ違いかもしれんが、
そんなに悪くないぞ!
ホントに氏ぬなよ!

31 :恋する名無しさん:04/04/02 00:32
私の思い出も書かせてください。
数年前まで私には年下の彼がいました。
彼は料理を作るのが好きで、私が作るよりはるかに上手でした。
はっきり言って料理ヲタク!
彼が料理をしている時に後ろからチョッカイ出すものなら、
即座にキックが飛んでくるほど真剣(コワー…)
そんな彼が風邪で寝込んだ時、私が仕方なくキッチンに立っていました。
寝ていたはずの彼がなんと後ろからチョッカイを出してきたのです。
すかさずキーック!をかましたら、なんと彼のアソコにカウンッター気味
に入ってしまった・・・
その後彼はしばらくうずくまって、「その技・ど・こ・で・覚・え・た・・・」
みたいなこと言って2人で大笑いしました。
「風邪ひいてんだろ!おとなしく寝とけブォケッ!」
「ハイ!分かりました・・・」
楽しかった思い出です。
残念ながらこの彼は交通事故で亡くなってしまいました。
一生忘れません。




32 :恋する名無しさん:04/04/02 00:41
>>31
あるあるそういうシーン!
涙が止まりません・・・

33 :恋する名無しさん:04/04/02 00:46
仲間同士で夜の海へ行った日、片思いの彼が砂で遊んでた
「何作ってるの?」と聞くと「お前の墓」って言ったね。

私が買って一ヶ月の車で仲間同士で酔っ払って出かけた日、
車内にベビースターラーメンを降らしたね。クーラーの中に詰め込んだ
せいで、使うたびに塩の香りがするよ。

まだたくさんあるけどそんな彼が好きだった・・・

34 :恋する名無しさん:04/04/02 00:59
魚屋の彼との思ひ出・・・
夜中のコンビニで100円ライター万引きしたね、「ヤッター!俺ってすごくない!?」
って大ハシャギ。返してきなよと言う私にウルセーってバックドロップしたね。
その後通院大変だったんだよ。

私が買った新しいマットレス、急に生理になった私は汚れるからって床で
寝たね。血がついたら嫌だもんね、でも朝起きたらシーツ洗ってた。
「どうしたの?」って聞くと「お前が床に居たからトイレ行けなくて
漏らした」ってローリングソバットくらわしたね。

まだまだたくさんあるけどそんな彼は今年30歳。 

35 :恋する名無しさん:04/04/02 14:54
プロレス好きなんですね
危険な技は止めましょう

36 :恋する名無しさん:04/04/02 15:32
おばあちゃんはいつも僕に500円くれました。
お母さんがいない時はごはんを作ってくれました。
いつもコタツでテレビを見ていました。
みかんとお茶が好きでした。
いつもお絵かきの紙とエンピツをくれました。
でもとつぜんこの世からいなくなっちゃいました。

37 :恋する名無しさん:04/04/02 18:37
高校2年生のころ
俺と彼女はよく学校の近くの自治会館で、ただ雑談をしていました。
都会の高校生はどーいうデートするんかしりませんが、俺らはド田舎にすんでいたので
近くの神社か、その自治会館で雑談するのが放課後のデートでした。
付き合って4ヶ月たった、ある夏の日にキスをしました。俺もあっちもファーストキスでした。
その時の光景は何故か目に焼きついています。
どす黒い紫色の夕焼け、どこからともなく漂ってくるカレーのにおい、セミの声・・・。
彼女とは1年くらいで別れましたが、なぜかあの時の光景は忘れられない。

38 :恋する名無しさん:04/04/02 18:56
このスレは上げておこう

39 :恋する名無しさん:04/04/02 19:02
>>37
ぁなたのスレを読んで、とってもピュァな心になれた気がする。。。

ィィなぁ。。。

40 :恋する名無しさん:04/04/02 19:18
去年の夏祭りの日、友達と歩いていたら、ある女二人と会いました。
その二人とはまぁ仲も良かったので、色々話して祭りの後花火でもしよって話になって。
雑談してる間、女の二人のうちの一人は絶えず俺を見て話をしてくれました。
僕も少し前から気になっていた人でした。その日はいつも以上にとても可愛く見えました。
その時は全然気付きませんでした。なにせその子は学年でも人気で俺なんか・・・って思ってましたから。
結局いろんな人が集まってきてみんなで花火やることになって、花火は大した思い出にはなりませんでした。

のちにやはりあの人の好きな人は僕だったってことがわかりました。
なかなか連絡もとれず、結局そのままになってました。

今、その人は別の男と付き合ってます。
でも俺にとってあの夏のたった10分程度の一時、あの人の笑顔はこの先も僕の輝く想い出として瞼に残ると思います。

41 :37 :04/04/02 20:11
>>39
相手のことは忘れることができても、キスは忘れられんと思うんす。
なかなかしんどいんですよー。

42 :恋する名無しさん:04/04/03 08:17
あげ

43 :39:04/04/03 15:02
>>41
ぁたしもその気持ち分からなくもなぃです!!
てか、ぁたしも高2の夏(春から高3です)に付き合ってた彼氏がぃて、
ぅちも田舎だから、ぃつも夜の公園でデートしてました。
3ヶ月ぐらぃで分かれちゃったけど、たまにその公園通ると
キスのこと思い出しちゃぃます。夏がきたら、
またぃろぃろ思い出してしまぃそぅです。

44 :恋する名無しさん:04/04/03 15:21
みんなでキスの話すると
決まってのろけるなあ・・・ヴァカだなw俺ら

45 :恋する名無しさん:04/04/03 21:58
ageage!


46 :恋する名無しさん:04/04/03 22:39
>>1
下着泥の疑惑でもかかってるんじゃねーのか?

47 :恋する名無しさん:04/04/04 19:33
あげてみたり

48 :恋する名無しさん:04/04/05 11:15
中3の10月頃の話…

うちの学校では11月が合唱コンクールで、
10月なんて、放課後は練習さんまい。
特に3年生なんて、最後の合唱コンクールだから、
みんな受験なんかよりも、かなり燃えてた。
各クラス、伴奏者と指揮者は生徒がやらなくちゃいけなくて、
うちのクラスの伴奏者は男子だった。(他にも男子のクラスはあったけど)
その男子は、両親とも音楽関係の仕事してるらしく、
子供のころからピアノやってるみたいで、ホントにピアノがうまかった。
少なくとも、私が出会った中で1番うまい気がする。
学年のアイドルでもないし、別にキモイグループにいるわけでもない、
顔は結構私好みの、普通の中3男子だった。

私はそんな彼に恋をした。

だけど、当時私は積極的な女の子じゃなかったから、
どうすることもできず、ただピアノを弾く彼を、
歌いながら見ていることしかできなっかた。




49 :48の続き:04/04/05 11:26
いよいよ前日。

放課後、練習は6時半ごろまで続いた。11月だから、外はもう真っ暗。
なのにまだ練習するクラスも何クラスかあって、
私がいつも一緒に帰ってる子のクラスも、まだ続けるみたいだったので、
1人で先に帰ることにした。(同じクラスの仲イイ友達は、みんな
違う方向だったから。)
校門を出ようとしたその時、後ろから走ってくる音が聞こえ、
私は、一緒に帰れなくなった友達が、明日の朝の待ち合わせの
時間でも伝えにきたのかと思って振り向くと、
なんと彼がいた。
「新井さん、1人なん?」
「えっ?う、うん。美貴ちゃんのクラスがまだ練習するみたいだから。」
「そっか。俺もだよ。新井さんって家あっちだよね?」
「う、うん、そうだよ」
「じゃあさ、途中まで一緒に行かない?」




50 :49の続き:04/04/05 11:38
私と彼は、途中まで一緒に帰ることになった。
私はたぶん、ずっと顔が真っ赤だったと思うけど、
暗いから気づかれなかったと思う。

彼と話したのは、もちろん初めてだった。
受験のこととか、好きな合唱曲のこととか、
他愛のない話をしながら、暗い田舎道を歩いた。
知らない人から見れば、かわいい中学生カップルに見えただろう。
10分くらいで、分かれ道についた。
「じゃぁ、私こっちだから。」
「気をつけて帰れよ。女の子なんだから。」
「西村くんだって、明日が本番なんだから、気をつけてよね!」
「分かってるって!じゃぁな。また明日。」
「うん。バイバイ。」

分かれたあと、まだ信じられないでいた。一緒に帰ったことが。



51 :( `D´):04/04/05 11:42
http://tool-ya.ddo.jp/2ch/trash-box/file/20040405103642203.jpg
http://tool-ya.ddo.jp/2ch/trash-box/file/20040405103701204.gif
http://tool-ya.ddo.jp/2ch/trash-box/file/20040405103717205.jpg
http://tool-ya.ddo.jp/2ch/trash-box/file/20040405103735206.jpg
http://tool-ya.ddo.jp/2ch/trash-box/file/20040405103754207.jpg
http://tool-ya.ddo.jp/2ch/trash-box/file/20040405103821208.gif
http://tool-ya.ddo.jp/2ch/trash-box/file/20040405103835209.jpg
http://tool-ya.ddo.jp/2ch/trash-box/file/20040405103852210.gif
http://tool-ya.ddo.jp/2ch/trash-box/file/20040405103916211.gif
http://tool-ya.ddo.jp/2ch/trash-box/file/20040405103940212.gif
http://tool-ya.ddo.jp/2ch/trash-box/file/20040405104000213.gif
http://tool-ya.ddo.jp/2ch/trash-box/file/20040405104542215.jpg
http://tool-ya.ddo.jp/2ch/trash-box/file/20040405104124214.jpg

52 :49の続き:04/04/05 12:00
本番当日

うちの学校は毎年、市内の市民ホールで行われた。
午前中は偉い人の講演会とかで、お昼のあと、
1年生、2年生に続き、いよいよ3年生の番。
5クラス中、うちのクラスは3番目だった。
前のクラスが歌ってる時、ステージ裏は、みんな超緊張。
私は彼が1人でいるときに、頑張ってねと言った。
友達には、由希って西村と仲良かったっけ?とか言われたけど、
昨日のことは何となく2人だけの秘密にしたくて、
適当にごまかしておいた。

結果は5クラス中4位で、すごく悔しかった。
合唱コンクールが終わってからは、みんな受験モードで、
私と彼も、たまーに(月に3回ぐらい)一緒に帰るぐらいだった。
付き合うことはなかったけど。




53 :52の続き:04/04/05 12:14
お互い別々の高校も決まって(私は市内の公立で、
彼は頭のいい私立へ)ついに卒業式の日。
彼は、巣立ちの歌とか、式で何曲か弾いてた。
歌いながら泣いてる人はたくさんいたけど、あたしは我慢した。
彼に泣いてるところを見られたくなかったから。

式が終わって、みんな写真とか撮り合ったりしてるとき、
合唱コンクールの前日に、
私と彼が初めて話した、ひと気のない校門の近くに行ってみた。
そしたら偶然にも彼がきて
「ついに卒業しちゃったなぁ」と話し掛けてきた。
だからその時のことを思い出して、さっきの式も思い出して、
彼の前で大泣きしてしまった。
彼は笑って、「よしよし」とか言って、優しく抱きしめてくれた。
校門の近くだったから、私と彼しかいなかった。
抱きしめられたまま、「ボタン…ほしい」って言ったら、
「俺のなんかで良かったらやるよ!」って言って、その場でくれた。

そのあとは、お互いアドレス交換とかもしなっかたし、
今は連絡とってないけど、私の中ではたいせつな思い出。
特に、秋になって落ち葉の匂いとかすると思い出してしまう。

卒業してもう2年。

久しぶりに会いたくなりました。




長くなってホントにごめんなさい

54 :恋する名無しさん:04/04/05 16:39
>>48
私の中学校も合唱が盛んだったので状況が良く分ります。
たかが合唱コンクールなのですが一生懸命になれたのは
今思えば素晴らしい事だと思います。
そんな中で恋愛感情が生まれたのはあなた以外にもきっと
沢山の人がいると思います。
私も似たような思い出があったので胸がキュンとしました。
あの頃は楽しかった・・・


55 :恋する名無しさん:04/04/05 17:50
制服デート。。青春だった。けど学校やめておたがいバイトはじめて会っても喧嘩とヤルだけで分かれた

56 :恋する名無しさん:04/04/05 20:55
>>55
2人で学校やめちゃったの?


57 :恋する名無しさん:04/04/06 10:34
あげ

58 :恋する名無しさん:04/04/06 11:34
馬鹿

59 :恋する名無しさん:04/04/06 15:12
中学校時代、付き合っていた彼女と
おかしの「カール」が口の中にいくつ入るか
勝負した。
双方とも譲らず指で口を広げながら突っ込み
最後は2人共誰だか分らないような顔だった。
とにかく窒息しそうだったのは良く覚えてる。
勝敗は覚えてません。


60 :恋する名無しさん:04/04/06 16:55
まゆこに質問してみれば?

61 :恋する名無しさん:04/04/06 17:13
>>60
まゆこは本当に女なのか?

62 :恋する名無しさん:04/04/06 17:58
まゆこは女だろ。
61はネナベか?

63 :恋する名無しさん:04/04/06 18:09
>>62
まゆこが女という根拠は?

64 :恋する名無しさん:04/04/07 01:15
 大学浪人の時、予備校で一目惚れした、、
何度も話しかけようとしたけど勇気がでなかった、、
いつからか意識して避けるようにしていたっけ、、
いつの間にか友人が知り合いになっていて距離が少しちかくなっても
自分から遠ざけようとしていた、、
 あの時話しかけていれば後悔なんてしなかったのに、、

あ、自分ひとりの思い出だった。プッ!

65 :恋する名無しさん:04/04/09 15:29
あげ

66 :恋する名無しさん:04/04/10 23:04
あげてみた

67 :恋する名無しさん:04/04/10 23:30
梅雨の時期に、すっごい好きな人がいたときがあって
毎年梅雨になって、雨の匂い(土みたいな匂い)がすると、
すごい思い出す。

68 :恋する名無しさん:04/04/11 13:56
平行…これにこだわっったね

69 :虎獅狼:04/04/12 08:22
69げっといやんばかー

70 :恋する名無しさん:04/04/12 17:00
大好きな人が居ました。いや、今でも大好きです。
付き合ってた訳じゃないけど、二人で一緒に遊びに行ったりしてました。
会ってるうちに、彼の事を好きなんだなと恋心を自覚しました。
告白したら、
「嬉しい、ありがとう。でも今は仕事でやりたい事があるから待っててくれ」と言われました。

3月。
咲き始めたばっかりの菜の花を、一緒に見に行こうと約束しました。
彼は月末に昇進に関わる大事な試験を控えていました。
昔から口にしていた、夢に近づく為の大事な試験。
合格の為には勉強が必要なのに、彼は花見を快諾してくれました。

試験がある事を知った私は、気付くと
「それなら勉強に専念して欲しい。」なんて、
会いたくて会いたくて仕方がない心の中とは裏腹に、正反対の事を言っていました。

それから段々と、彼からの連絡は遠退いていきました。
そして今月の初め。
「待たせるだけ気の毒に思えてきた。他に良い奴を見つけて幸せになってくれ。さようなら」
彼からの最後のメールでした。

私は今月末、病気療養の為に、遠い地方の実家に帰ります。
引っ越しの準備に追われる日々です。
二度と彼と会う事は無いと思います。
彼からメールが来る事はもう無いけど、それでも彼専用のメールフォルダを消去出来ないでいます。

今日、買い物に出た時、近くの団地の小さな花壇に、菜の花が咲いてるのを見つけました。

一緒に見たかったよ、一面に広がる菜の花畑。






71 :恋する名無しさん:04/04/14 21:38
>>70
まだチャンスあるぞ!
相手は結婚した訳じゃないだろうが!
結婚してたって諦めないで追いかける人だっているんだから
君はまだ幸せな方だぞ!
チョット離れたり、メール来なくなったくらいで諦めるな!

72 :恋する名無しさん:04/04/20 18:53
高校の卒業式の日、クラスメイトだった彼に告白し、
両思いだと分かって、凄く幸せだったのを覚えてる。
でも同時に、お互いに別々の、遠く離れた大学に進学することになって。
たしか、それぞれの大学に行くまでに(3月)、たった1度しかデート出来なかった。

で、ちょうど今頃(4月か5月)に、
独り暮しをはじめたばかりの彼の部屋に遊びに行って、
いまになって考えると信じられない行動なんだけど、
私はいきなり、彼の家に泊まってしまった。
その頃の私たちはお互いに、全くの不器用で奥手な子供で、
手すら握ったこともなかったのに。
で、その時もやっぱり、私たちは結局、キスすら出来なくて、
ただそっと寄り添ったままで、息苦しいような切ない夜を過ごしてた。

朝日が昇る頃、私たちは彼の部屋を出て、近くの彼の大学まで歩いて行った。
構内にある高台の階段に腰掛けて、
港の朝の風景を、2人でずっと眺めてた。
お互いに切なくて息苦しくて、あれ以上すこしでも長く、
あの部屋にいることは出来なかったんだと思う。

その日、ホームまで見送りに来てくれた彼の、切ない目を今でも覚えてる。
確か、「帰したくない」とも言ってくれたと思う。
私は、切なくて後ろ髪引かれるような思いで、でもその反面、
列車が走り出すと、彼と一緒にいた間の、胸の締めつけられるような
甘くて切ない思いがようやく落ちついてきて、どこかホッとしてた・・・

73 :72:04/04/20 18:54
彼とは結局、何の進展も無いままに、夏頃には別れてしまった。
理由は、私が別の人を好きになってしまったから。
臆病で受身だった当時の私には、いつも近くにいてくれて、
はっきりと意思表示してくれる人の方が、ホッと出来たんだと思う。

彼と最後に会ったのは、私が別の人を好きになってしまったことを謝る為に、
再び彼のところへ(勿論泊まりじゃない)行った時。
電話で済ますのは、やっぱり嫌だったから。
彼は優しくて大人しい人だったから、私の心変わりにも何も言わずに、
ただ悲しそうな顔で、帰ってゆく私を(駅のホームで)見送ってくれてた・・・



長々とゴメン。でももうチョッとだけ書かせて。

74 :72:04/04/20 18:55
キスすら出来なかった彼への、切ないあの気持ちを、
今頃になって思い出して、そして日に日に忘れられなくなって、とても困ってる。

何故かと言うと、今年の冬、仲の良かったクラスメート数人と(女友達)、
数年ぶりに食事する機会があって、たまたま彼の近況を知ったから。
友人の一人が、たまたま彼と同じ職場なので(知ってはいたけど)。


彼も私も、卒業後は地元に戻っていて、
でもあれから、1度も会ったことはなく(見かけた事は1度あったけど)、
自分では、彼との事は単なる清くて懐かしい思い出だと思ってた。

なのに10年以上たった今頃になって、
昔の思い出に捕らわれてしまうなんて、自分でも信じられない。
お互いに、別の人と結婚してしまってるというのに
(夫は、心変わりした相手ではないです)。
多分彼は、私のことなんて忘れてるだろうし、思い出したくもないに違いないのに。

でも、もしもあの時、キス出来ていたら、彼とはどうなってただろう?
もしも今、彼に再会してしまったら、私は平気で友達として見れるだろうか?
と思うと、身勝手なのは分かっているけれど、とても切なくなる。


早く、過去の幻影を忘れ去りたい。
こんな事を考えてる自分があまりにも愚かで、とても嫌になる。

本当に長々とゴメン。

75 :恋する名無しさん:04/04/23 03:43
>>72
確かに長かったけど淡い思い出が良く伝わって来ましたよ!


76 :恋する名無しさん:04/04/23 04:03
>>72
。・゚・(ノД`)・゚・。


77 :恋する名無しさん:04/04/24 01:36
>>72
ウェーン(T.T ) ( T.T) ウェーン

78 :恋する名無しさん:04/04/24 02:05
仲良く遊んでた子がいたんだけど、ある日ぱったりと連絡が途絶えた。それから二ヵ月後手紙が来た。
手紙には「脳の病気になって手術して、入院してたから連絡できなかった。」 それから1年後無事退院しましたが右手と右足に重い障害がのこったりました。
俺はこの子の事が好きで好きで仕方がなかった障害なんて関係ない。そして俺は告白した。
「今は病気して自分の事しか考えられない。」見事にフラましたよ。
フラかれてからもメールや電話したりしてたんだが、フラてから一週間後メールがきた。
メールには「彼氏できた。」 もう女は信じられません。

79 :恋する名無しさん:04/04/24 02:13
>>72
何でだか分からんが、泣けてきたよ・・・
・・・いや、そんな気持ちになっただけかも・・・
でも他の人達も泣いてるみたいだし・・・うっ、うっ〜

80 :恋する名無しさん:04/04/24 03:43
二人で毎日の様に手をつないで歩いてた。雪が降ったら二人で雪だるまや
雪うさぎつくった。彼の部屋ではいつもお気に入りのテープ流してて
二人で手をとって踊ったり、紙に「結婚宣言」とか書いたり。
 別れはお互いの気持ちのすれ違いだった。「俺は〜になったら迎えにくるよ」と言ってくれた。
でも私は別れる前にとられた彼の行動からその言葉を信じられずつきあってしまった。

1年後本当に連絡がきた。違う人とつきあってることを言った。そしたら
「俺達はつきあってるとか、形はいらないと思う。おまえが誰とつきあってよーが
今俺はまだそばにいてやれないから別にいい。心が通じあってるだろ?
俺達の物語はまだ終わってないよ。」って。
 すごいくさいセリフかもしれない。あれから2年たって、今は携帯番号も
代わってしまって(私が)連絡もとれないけど私は今も心のどこかで待ってる。
「俺達の物語は終わってないよ」って言葉が残ってて
絶対どこかで出会えるんじゃないかと今も信じてる。
心のどこかで思ってるだけならいいかなって。例え彼が誰かと今つきあっていても・・・。

81 :80:04/04/24 03:48
思えば、別れる前の彼の言動はおかしかった。
すごく精神不安定だったんだと思う。
私があの時もっと彼のこと分かってあげられて、ささえられていれば
絶対今も一緒にいたんだろうな・・・。

82 :恋する名無しさん:04/04/24 06:17
>>80
俺にも迎えに行こうと思っている人がいます。
恐らくその人は別の人と付き合ってると思う。
でも心の底では俺を待っているような気がしてなりません。
何となく80さんの気持ちが分る気がします。

83 :恋する名無しさん:04/04/24 12:30
最初の出会い。
深夜、新宿、遠くからはサイレンと笑い声。
涙目、膝の擦り傷、アルコールの匂い、殴られた傷跡。
最初に交わした言葉

「あなたも同じような事をする人なの?」

恋愛かもしれないし、慰めあってただけかもしれない。
半年間、狂ったようにセックスして喧嘩して・・・

その子は実家に帰り、真面目に働いてると昨日手紙が届いた。
吹き抜けた風が温かく、優しく感じた。

あの半年間はキレイな恋愛ではなかったが忘れられないだろう。


84 :恋する名無しさん:04/04/24 12:59
>>75,76,77,79
長ったらしい自分語りを読んでくれて、ありがとうです(72です)。
誰にも言えない想いをここに書く事で、気持ちも随分と楽になりました。

この2ヶ月、押入れに眠っているアルバムとの、葛藤の毎日でした(藁
(アルバムを見てしまえば最後、いよいよ過去の想いに引きずられそうで・・・)
当たり前のことだけど、過去を振りかえったって、仕方がないですよね。
私も、彼も、それぞれの人生を歩いてしまってるんだから。
前向きに生きてこうと思います。

読んでくれて、本当にありがとうございました。
共感してくれる方がいて、何だか救われた気持ちです。

85 :恋する名無しさん:04/04/24 16:29
>>72
そうそう過去を振り返っても何も意味は無いです。
あなたのその前向きな姿勢はきっといい結果になるはず。
それは「良い思い出」でいいのではないでしょうか?
そんな恋愛は誰にでもできるわけではないし、
あなたと彼だけの淡い思い出!
結婚した人以外とそんな思い出があるって事は自分の財産
ですよ!そうあの「タイタニック」のおばあさんのように
彼は自分の心の中で永遠に生き続けていると思えばいいのです。
そんなロマンチックな思いだけで十分ですよ!
今の自分の生活の中で光を見つけましょう。
あなたの旦那さんだってきっともっと素晴らしい人だと
思いますよ。毎日一緒にいると中々感じにくいんだけどね!
当たり前の毎日が送れることがどれだけ幸せか考えましょう。

86 :恋する名無しさん:04/04/26 09:58
凄く好きな人がいました。
四六時中、彼の事を考えると胸が苦しくなるぐらい
ワタシは彼が大好きでした。

しどろもどろになりながら告白した時
彼は笑顔でOKしてくれて、その日は眠れないぐらい嬉しく
次の日から、しょっちゅう電話したり、会って話したり
本当に充実した日々を送る事が出来ました。

愛して貰おうと、必死でダイエットや化粧をして
その成果が出る度に、彼も「綺麗になったね」と褒めてくれ
「いつか、この人と一緒になりたいな」なんて夢見ていました。

穏やかな笑顔、綺麗な言葉遣い、誠実な態度
付き合って初めて知る彼に、ワタシはどんどん思いを寄せました。

でも、そんな思いも1ヶ月で終わり。
彼から来た最後の電話は、別れ話でした。

「3ヶ月前に自然消滅したと思っていた彼女から電話があり
『まだ別れたつもりは無い』と言っている。
自分もまだ彼女への思いを断ち切れていないので、ヨリを戻したいと思ってる」

酷い話だと、それから1週間大泣きしました。
でも、自然と恨みはありませんでした。
あれだけ好きになった人は初めてだから、幸せだったから
今でも思い出すと、あの時のように胸が苦しくなります。

87 :恋する名無しさん:04/04/26 09:58
↑すいません、長すぎました…

88 :72:04/04/26 12:56
>>85
そうですね、タイタニックのヒロインみたいな情熱的な恋ではなかったけど、
彼とのあの日の思い出と切ない感情は、多分死ぬまで忘れはしないと思います。
お互いに若くて純粋で不器用だったからこそ、あの時が懐かしいんでしょうね、こんなに。
彼も、ほんの少しでいいからあの時の事を覚えていてくれたらな〜なんて、
ムシがよいのは分かってるのですが、やっぱり思っちゃってます(笑)。

おっしゃるとおり、当たり前の毎日をおくれる事の大切さを忘れていたんだと思います。
気付かせてくれて、本当にありがとうございました。


>>86
きっと今、すごく苦しくて切ないだろうね。
そういった状態でも彼を恨まずにいれる86さんは、本当に彼の事が好きなんだろうし、
またとても素敵な人なんだろうと思います。
それ程までに人を好きになれることは、人生において滅多にないことなんだから、
辛いだろうけど、「彼を好き」というその感情を無理に押し殺したりせずに、
すなおで自然な自分でいればいいと思います。
月並みな事しか言えないけど、希望を捨てず、前を向いて生きていれば、
きっと何らかのいい結果がでると思いますよ。お互い頑張りましょう!

89 :86:04/04/26 13:21
>>72=88
レスありがと。
胸の苦しさに、辛さや悲しさは無いです。
片思いにある、胸がキューン(恥ずかしい)な感じが蘇って
なんだか純粋な気持ちになれるのです。

本当に好きで、彼も彼なりにワタシを好きになってくれようとして
それで結果的には残念だったけど、それは決して無駄じゃなかった、と
そう自分なりに解釈しています。

>72さんがいつまでも「あの頃」に捕らわれているのは
それだけ純愛だったからじゃないでしょうか?
一瞬の綺麗な思い出って、いつまでも忘れたくないですよ。




90 :恋する名無しさん:04/04/26 14:53
高校生の時、先生が大好きだった。
バレンタインにチョコとセーターあげた。
チョコは美味しかったって感想を言ってくれたけど
セーターは全然着てくれなかった。
その後の期末テストの答案用紙の欄外に勇気を出して
「セーターを着てくれない先生は嫌い」と書いた。
そしたら、戻ってきた答案用紙に赤ペンで「着てないのではない。
着てる所を見てないだけだ」って書いてあってうれしかった。
その上、その次の授業にはセーターを着てきてくれた。
教室に入って来る時の先生の真っ赤な顔は今でも忘れられません。
その後、先生は離任しちゃってお手紙書いたりしたけど
他の先生にからかわれてお手紙も書くのを止めちゃった。
貰った返事の手紙や答案用紙は無くなったけどセーターを着てる
先生の姿は今でも忘れられません。

91 :恋する名無しさん:04/04/26 18:39
>>90
ぁなたの話を聞いたら、なんだか心があたたかくなりました☆
どーもぁりがとぅ♪

92 :恋する名無しさん:04/04/26 18:46
良スレではないの、なかなか・・・
と思わない?
  ↓


93 :恋する名無しさん:04/04/26 18:57
涙なしでは読めませんね

94 :恋する名無しさん:04/04/26 19:09
良スレ良スレ♪

95 :恋する名無しさん:04/04/27 02:00
こういう思い出って誰にもいえない事が多いんだけど、
2ちゃんならカキコできて他人の感想なんかも聞けるから
ホントにいいと思います。
私も人に中々言えない思い出があるので今度カキコします。
良スレですね。


96 :恋する名無しさん:04/04/29 18:02
あげとくねっっい

97 :恋する名無しさん:04/05/03 22:26
あげえ

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)