2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

無敵艦隊になれる時

1 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 01:08
今から5年前のこと。専門学校帰りは、同じ学校の友達と
いつもの通りを抜けて、ゲーセンへ。
地下鉄ホームのある交差点は、いつも赤。5分は待たされる。
いつも何気ない会話をするけど、向かいの緑色のビルの入り口に
「G−SHOCK」の安っぽい立て札。その頃、はまってたもんだから
ある日、一人でそのビルに入ってみた。
お店は8階。ドアは開けっ放し。中を恐る恐る覗いて見ると・・・。

2 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 01:13
続き

中にはお姉ちゃん一人。ショーケースが二つ三つあるだけ。何とも殺風景。
「いらっしゃーい」
笑顔のお姉ちゃん。やば、見つかった。入るしか・・・。
上京してまだ半年。田舎にはこんな店ないもんだから、すごい緊張。
でも、お姉ちゃんはいい人で
「見るだけでもいいよー」
なんて言ってくれるもんだから。どきどき

3 :恋する名無しさん:04/04/17 01:15
ま、そういうの書くならメモ帳に書いてからにしろや。

4 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 01:19
続き

意を決して中へ突入!うまくしゃべれなかったけど、お姉ちゃんは優しくて、
その頃は「営業スマイル」なんか知らないもんだから
「もしかしていきなり好感触!?」
なんて勘違いもする。
それから、ほぼ毎日通ってはくだらない話をしたり、たまには真面目に人生語ったり。
お店のベランダから、下の歩行人に唾落としたり。なんともくだらないことして楽しかった。
その時は、この空間は二人だけのものなんて思ったり、思わなかったり。

5 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 01:23
続き

ま、それはともかくそんな感じで2ヶ月。
色々お姉ちゃんのこと教えてもらって

・隣の区に住んでいる。
・5歳年上(当時)
・Dカップ
・一人暮らし
・彼氏アリ(4年付き合っている)
・詩集を出したことがある(自費で出版)

まで分かった。
彼氏アリ・・・

6 :恋する名無しさん:04/04/17 01:25
ほうほう

7 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 01:29
続き

いやー彼氏アリかぁ。それはちょっとなぁ。
でも、関係なし。要は略奪してしまえばいいわけだ。何か脈アリっぽいし。
そうだ!飲み会だ。誘うしか。2−2で飲めば、きっとイケる。
予め、友達に連絡。よし彼女を連れてこい。分かったな。

7月の盛り暑い日。いつものように、お店に行く。
どうーでもいい話をしながら
「誘え!行け!」どきどきどきどき

8 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 01:32
続き

「暑いよね」
「うん」
「マジで暑いよね・・・今度飲まない?」

・・・変だなこれじゃ。
あああああ、どうしよう。暑いのとは別に変な汗が。
「今度二人で飲みに行こう」




「へ?」

9 :恋する名無しさん:04/04/17 01:32
5歳上かぁ 
冒険だねえ

10 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 01:35
続き

「今度飲みに行こう」
いやそれより
「二人で???????」

キターーーーーーーーーーー(顔文字略)ーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

動転しちゃって
「いやー二人はマズイっしょ。友達とその彼女連れてくるから2−2で飲まね?」
何言っちゃってんの俺・・・


11 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 01:38
続き

「うんいいよ」
「じゃ、7月○日(忘れた)にしよ」
「いいよ」
嗚呼、せっかくの二人きりが。まいいか。当初は2−2だったし。
飲むには変わりないから、チャンスあればイクしか!!!!
燃えるぜ!キターーーーーーーー略!!!!

12 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 01:44
続き

当日、考えうる最高のオシャレで出陣。場所は、???町アーケード。
愛車のチャリンコも今日は調子良い。チェーン外れないし。
いつもの通りを抜けて、地下鉄ホームの交差点、緑のビル、公園
もうすぐアーケード。入り口で待ってるはず!
居た!居ました!ミニスカ!やったぜ!
全力で漕いできたけど、息を整えて・・・
「よっノ」
「うすノ」←俺
かわいいなぁ。とても年上には見えん。
あとは、友達カプール待ちだ。

13 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 01:49
続き

いつものゲーセンまで二人でアーケードを歩く。
これってデートじゃね!?
あれだ、あれ。気持ちはマリオに出てた亀に羽生えたやつ。
落ちついたふりしてるけど、もう飛ぶ。うひ。
ああ、もうすぐゲーセンの入り口だわ。ずっと、この時間が続いても構わんなぁ。
しかし、本番はこれからよ。アルコールが入ってからよ。

そんで友達と合流。よし、移動だ。

14 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 01:51
続き

飲み屋での出来事はあまり覚えてません。
自己紹介とか、もう他愛のない話。
これまでの内容以上にくだらないので割愛。
とりあえず、楽しかったです!酔っ払いましたよ。そりゃもう。

15 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 01:55
続き

もうみんな酔ったついで、プリクラなんぞ撮ろう!なんて話になっていつものゲーセンに。
もうすごい混んでる。同じようなカプールがうぞううぞう。
でも、怒らないムカつかない。だって、楽しいもんな。うひ。
仕方ねぇ。並ぶか。なんて並んでたら、お姉ちゃんが
「酔ったぁ」
手!手!手!
繋がってます・・・。どきん!
よし!今しかない!行け俺!


16 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 01:58
続き

「好き」

・・・チューしてやった。
公衆の面前で。凄い行列の中で。
まいったか。周りのカプールども!
好きなんだ!文句あるか!
恥ずかしくなんかないぞ。酔ってるし。
ほれ。お姉ちゃん目が潤んでら。やったね。

17 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:04
続き

したら、もうプリクラどころじゃないわけ。
もうベタベタ。チューなんて余裕。もらったね。
さ、後は家に連れていくしか・・・

「カラオケ行くぞ」

ん?何?友達よ。君は今までの付き合いとか色々考えたら分かるだろ?
その選択はないでしょ?雰囲気読みなさいよ。

「行こう行こう!」

あれ?もしかして俺だけ?雰囲気読めないの俺の下半身だけ?
アイタタタ・・・(顔文字略)

18 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:08
続き

そゆわけでカラオケ編。
つーか、もういいってば。お前ら。
俺には俺のシナリオがあるわけよ。まぁいいや、飲んでしまえ



1時間後。もう凄い泥酔。訳ワカンネ。寝ちまえ。
ああ、ちくしょ。今日は二人きりで寝れると思ったのに・・・。
もういいよ。ここで寝てやる。


ん?何か冷たいのが唇に当たる。何だ?

19 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:09
続き

氷だ。ん!
お姉ちゃん口移し・・・。




死んでもいい!(その時は)

20 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:12
続き

俺、愛されてる。
好かれてます!どうだ!うおおおおおお!!!!!!!
人生には2回モテル時期が来るらしいけど、来なくていい!
この人、この時、この瞬間があれば。
なーんもイラネ(顔文字略)

好き。マジ。ヤバい。

21 :恋する名無しさん:04/04/17 02:16
>>1
1時間かかったな・・・ここまで来るのに・・・

22 :capt ◆IDENtir39A :04/04/17 02:17
バカか・・・
でも好きだぞお前w


23 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:17
続き

流石に友達も分かってくれたのか
「んじゃ、俺ら帰るわ」

おー帰れ。是非。あ、今日はどうも。うん。

・・・よし。ここからだ。本番だ。これのために頑張ったんだ。
お姉ちゃんと手繋いで帰宅。
チャリンコ?いいや。明日取りに来る。撤去されてませんよーに。

二人で仲良く、オフィスビルのあいだくぐって家へ向かう。
星きれい。見えないけど。都会って素敵。見えねぇんだ。
でも、きらきらしてるはず。


24 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:19
続き

頑張るから俺。
暇な人は見てて。
ツマンネっていう人は寝て。大したものじゃないからねぇ。

25 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:24
続き

帰宅!お土産だお前ら。
俺の愛するお姉ちゃんだ。まいったか!うはは。
よし、勝負だ・・・。ここまで長い道程だったなぁ。
何人も付き合ってきたけど、ここまで一緒になりてぇと思った人はいないね。
ここで一緒になれたら、俺はきっと大人になれる!変な確信だがきっとそうに違いない!
大人の階段の〜ぼ〜る♪
みんなこういうことを経て、大人になるんだ。多分。
おめでとう俺。君は立派な大人の仲間入りさっ!

26 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:26
続き

ちゅん、ちゅん・・・。
うお、良い天気・・・。しかし今日も暑いなおい。
やべ、バイトだわって朝?????
朝チュン?




あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!


27 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:27
続き

なれなかった
大人に


28 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:29
続き

やべっ!帰ったか!?



あ、いた。ふぅ。寝てら。隣で。
しかし、据え膳食わぬは男の恥。俺は恥さらしだぁぁぁ!



寝顔もカワイイです。

29 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:33
続き

起きた。
「おはよ」
「おう」

いいね。寝起きにいきなりマルメンライト。最高だね。
俺は吸わない(当時)けど。かっこいいね。

「あ、仕事だ。もうすぐ帰るね」

エェェェェ(顔文字略)ェェェェエ

まあ、仕方ねぇか。俺もバイトあるし。
また、夜にでも会えばいいか。

「バイバイ。。。」

バタン・・・・。


30 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:36
続き

寂しい!もう会いたい!やばいな俺。はまってら。
でも、すげぇ充実。生きててよかった。
好きだなぁ。きっと今夜は大人になれるはず。
つか、一緒にいれたら満足かな。うひ。
まさに亀に羽生えたヤツ。バイト行こう。




31 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:38
続き

夜。

案の定、PHS(当時)繋がらないわけ。
おかしいな。でも、そういうこともあるかと。かかってこいと。
揺るがないぞ、と。






出ない!!!!!!!

32 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:42
続き

出ないって。やべ。不安。どきどき。
あ、泣きそう。ダメだって。うーん。










「はい・・・」
出た!
「もしもし!」

あのさぁ、すげぇ心配したわけ。何やってんの今?
まぁ、いいや。今から来て。うひ。

脳内で

33 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:44
続き

「彼氏にばれたの・・・」

あ、忘れてた。いたんだそういや。
やばい!これはやばい。変な汗!ヤバイ!
あ、切れた・・・・。
これって終わり?うそ?

34 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:48
続き

↓ここから「無敵艦隊」

好きなわけ俺って。今お姉ちゃんどうなってんだか確かめなきゃ!
でも、どうすりゃ・・・家に行くか!
どこだっけ!?そうだ!貰った詩集・・・あった。
??区○○寺1−128??????
ワカンネ!いいや!行けば分かる!きっと。
よし出発!てか、チャリンコねぇじゃん!
取りにいくしか!!!!!!!!!

35 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:52
続き

俺ん家からアーケードまで走って20分か。ダァァァァァァッシュ!!!!
きっと道行く人はさぞかしオカシイ奴がいると思ったろうね。
Tシャツ、ハーフパンツ、ビーサンの青少年が走ってんだもん。街中を。
酔っ払いだくらいにしか思わなかったろうねぇ。
でも、俺無敵艦隊。関係なし。羞恥心なし。一切なし。
ケンカしたって負けない。だって無敵艦隊。

36 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 02:55
続き

チャリンコゲェェェット!!!
鍵も持ってきた!
ウオッシャ!行くぜ!目指す敵本陣は「○○寺」!!!!
って、どこ?
いいや!区は分かるから、とりあえず行ってから考えよう!
GO!だGO!

37 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 03:04
続き

・・・もう何分漕いだろ?
すんげぇ疲労。初めは十文字(競輪選手)だった足が、今や電動車いす並みのスピード。
なさけねぇ・・・。何やってんだろ。今何時だ?
時計もPHSもない。ここどこ?
・・・違う区だ・・・・。
ここじゃなくて隣の区だよ・・・・。
何か空、明るくなってきたかも?
何やってんだ俺。
涙出てきた。すれ違う人が振り向いてる。
そりゃ変だわ。Tシャツ、ハーフパンツ、ビーサンの青少年が泣きながらチャリンコ漕いでんだもん。街中を。
やべ、涙で前が・・・・。

ガン!

はい、お約束の電柱で転倒。右手甲を痛打。
血出た。
「大丈夫かぁ?」
工事の旗振りのお兄ちゃん。
「あ、大丈夫っす!」
嘘だよ。ボロボロに泣いて、グシャグシャな顔。
あ、チャリンコのカゴつぶれてら。
くっそう・・・・。

38 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 03:08
続き

「もう帰ろう」
よく見たら、両膝からも血出てた。
帰宅するのは意外とスムーズだった。家に着いたら、朝の9時。
大体、10時間の旅。チャリンコで。
得たのは、腫れた右手甲と痛んだ両膝。




そんで、真っ赤な目と腫れた瞼。




学校行かなきゃ・・・。


39 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 03:11
続き

取りあえず、血出てるとこにガーゼ貼って、止血して。
学校行こう・・・。
不眠だもんな。やけに眩しいねぇ。太陽。
何やってるかなお姉ちゃん。会いたいな。
右手痛いな。



・・・・もう少し頑張ろうかな?

40 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 03:13
続き

緑のビル。まだお店はやってない。
7−8階の階段で座って待つ。








少しも眠くない。右手痛いからか?


41 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 03:18
続き

10:30
「&&くん?」

・・・お姉ちゃん。
涙出た。
お姉ちゃん、顔叩かれて腕つかまれて、あちこちに怪我してて・・・。
絆創膏とガーゼ。俺と同じ。

「どうしたの」
「いや、昨日(中略。要はチャリンコで行こうとしたけど、迷ってしかもコケたし、怪我したよってこと)
 ・・・て」






「ごめんね・・・」
「泣くなって!お姉ちゃんこそどうしたよ!?」


42 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 03:24
続き

お姉ちゃん曰く・・・

飲んで、男の家に外泊したのが彼氏にばれて、ケンカになった。
彼氏が、俺に電話して殺してやると言ったのでPHSの取り合いになり
殴られたり、蹴られたり、腕つかまれたりして怪我した。
もう俺には会わないと約束して、その場は収まったが、その後彼氏が眠ったのを
確認してからこっそりと俺に電話した。ところが、彼氏に見つかり、PHSは壊され、
嫌がるお姉ちゃんを無理やりエッチした。


ということだった。

43 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 03:27
続き

俺は、何も言い返せなかったねぇ。
だって、お姉ちゃんキスマークたくさん付いてんだもん。
彼氏のメッセージだねありゃ。
「手出したら殺すぞ」
てな感じの。

悔しかった。やれるもんならやってみろ。俺の好きな人を泣かす奴は
ゆるさねえ!と言いたかった。かっこいいねぇ。

44 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 03:30
続き

「もうやめよ・・・」

へ?何?

「これ以上&&くんと会って、&&くんに迷惑かけたくない」

んなこたーない。大丈夫でしょ。やつけてやるよ。任しとけ!

脳内

現実

「うん・・・、もうやめよう」

あぁぁっぁぁぁぁぁぁ!!!!
俺、カッコわるっ!!!!!!!!!!!!
最弱!!!!!!!!!!!
貧民!!!!!!!!!!!!!!

45 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 03:36
続き

学校サボって帰宅。
家でまた泣く。
・・・・・・情けない・・・・・・。
情けない。情けない。
もう亀に羽生えた奴にはなれん。
マリオに踏みつけられて、羽取れて、そのまま穴に落ちる緑の亀だ俺は。
ただのバカだ・・・・。
怒りに任せて部屋の壁を殴る!
痛・・・。

結局、右手甲はヒビは入ってました。(全治3週間)



46 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 03:38
続き



また明日。お昼には書き込みたいですな。
もう誰も見てないかも知れないけど、もし見てた人いたら・・・
ありがとうです。
明日も暇なら目を通してみて。
どうも。

47 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 03:40
明日っていうか今日でした。
ゴメン。ではノ

48 :恋する名無しさん:04/04/17 10:11
スゲ〜!!
コレだけのことをここまで引っ張れるんだね
そこに感動した!!(わ

49 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 12:18
続き

夜に来ますね。日が高いとなんかこう・・・。
アレだあれ。
そゆことで

50 :恋する名無しさん:04/04/17 19:10
続き 見るよ

51 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 21:59
続き

それから2週間。もう直ったんじゃねぇか手?なんて思ってきた頃。
学校行くのもダルくて、バイトもダルくて。もうダメ人間。社会不適応。
アパートに引きこもって毎日PSのワースタに燃えてた。
ヤクルトで134勝0敗。石井なんて防御率0.13。無敵。ホージー.587、129本。鬼。
まいったかうはは!なんてしょぼい毎日。
とても暑い土曜日。


ピンポーン


うるせぇなぁ。新聞屋か?




ピンポーン





うるせぇ

52 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 22:01
続き

ほっときゃそのうち帰るだろ。暑いなぁしかし。寝よ。






ピンポーン




ガチャ・・・・。

あ、鍵かけてなかったそういや。

「おはよ」

ん?んんんんんんん??????

53 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 22:08
続き

お姉ちゃん・・・・。

「逃げてきた・・・」

荷物は小さい皮のトランク一つとコンビニの袋。ヴィダルサスーン入ってら。
好き。
抱きしめましたさ!そりゃ。会いたかったもの。
好きなんだものーーーーーー!!!!!!

54 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 22:19
続き

お姉ちゃん曰くには

彼氏から逃げてきた。

とのこと。
まぁ色々あったらしいけど
結局は、仕事行くと行って逃げてきたから荷物が少ないんだってさ。
ヴィダルは、愛用してるらしくて、来る途中にセブンで買ったと。
とりあえずよかった・・・。怪我も治ってるみたいだし。
お姉ちゃん。俺はまだ直ってないんだわ。これ。
でも、うれしい。お姉ちゃんが俺を選んでくれた。
泣ける。

55 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 22:25
続き

となれば、今夜こそ勝負だ。
温存していたゴムのチンコケースをついに使う時がきた・・・。
キタ(略)
夕飯はコンビニ弁を一緒に食いました。頭の中はそれどころじゃなかったけど。


56 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 23:17
続き

夜。
お風呂は別々。だってユニットで狭いし。
お風呂上りのお姉ちゃん・・・。結婚してくれ。マジ。
二人で安い折りたたみ式ベッドに横になる。
チューして、Dカップを味わって・・・。
あぁぁぁぁ。死ねる。あ、やっぱ死ねない。
俺は今夜・・・・・・・大人になる。(童貞を捨てるということではなく)

57 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 23:23
続き

前戯に突入。しかし、濡れない。
クリトリスか?・・・あまり反応ないな。
中か?・・・喘いでいるけど、こりゃ厳しい。俺、へたくそ?
おかしい!濡れないって何!?どゆこと!?
かといってクンニは宗教上できん。くそう・・・。



こうなりゃ強行突破だ!!!!!!!!!!
ごめんねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!




おっと。やばいやばい。


STARTはスキンガードを装備した!!!!
少しイキにくくなった!

よし・・・。
俺!!行ってきます!!!!

58 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 23:33
続き

ん?入ったには入ったが・・・。
半分くらいしか入らないぜ?何だ?お姉ちゃん浅いのか?
まぁいいか。俺のチンコが長いわけじゃあないよなぁ?うひ。
やっと、一緒になれた。初めて味わう感じ。
童貞捨てた時も、コンパで酔ってやってしまった時もこんなに満たされなかった。
もうすごい。どきどきどきどき。自分の鼓動がお姉ちゃんに聞こえるんじゃないかってくらい。
もう俺ら二人の世界。ザ・ワールド。マジ、時止まってんじゃない?
そんな感じ。
大好きとか愛してるとか。いくら言葉にしたって足りない。くさいかもしれんが、そんな言葉しか浮かばない。
お姉ちゃん。お姉ちゃん。お姉ちゃん。
ありがとう。
俺らってこれから色んなとこ出かけて、色んな話して。
笑って、たまにケンカして。そうやって過ごしていくんだねぇ。
大好きだよ。お姉ちゃん。
ずっと一緒にいてくれよ。




俺5分ほどで昇天・・・。

59 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 23:41
続き

ゴムの効果は薄かったけど、俺は大人になれた・・・気がした。
次の日の朝。目が覚めても実感はなかったけど、きっとなれたんだよ。
だって、こんなに満たされちゃってる。隣で寝てるお姉ちゃん・・・。うひ。
それから、3日間。ベッタリベタベタ。もう凄い。ざまあみろ!俺は幸せモンだぁぁぁぁぁぁぁあね!


「仕事行かなくちゃ!」


あ、俺もバイト行かなくちゃ。
でも、緑のビルに彼氏いたら・・・・。これはイカン!!!!
「家で待ってて。俺、見てくるから」
「・・・うん」

よっしゃ。行くぜ。どきどき。
もしいたらどうしよう・・・。


60 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 23:44
続き

いつもの通りを抜けて、地下鉄の交差点で信号待ち。そんで緑のビル。
どきどき。
ふ、ふん!居たら殴ってやる!!!








居ないね?・・・うん。居ない。
お店は開いてる。禿の親父が一人。あ、社長か。よし、電話しよう。
「大丈夫だったよ」
「ありがと。じゃあ、これから出勤するね」

あ〜良かったぁ。・・・あ、バイト!

61 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/17 23:52
続き

案の定、バイトのオーナー(コンビニ)怒られて、仕事して帰宅。
怒られたってかまわん!だって俺、今は無敵艦隊。かかってきなさい!うひ。
お姉ちゃんまだかなぁ。まだかなまだかなぁ〜。




1時間後。
「ガチャ」
「鍵かけなよー」
キ(顔文字略)
今夜も・・・。うへ。

「あたし、実家に帰ることにした」






・・・・・へ?

62 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/18 00:03
続き

今日はここまで。もし、目を通してくれた人がいたら。
ありがとです。
明日は、書き込みません。明後日、日中から書き込みします。
ではノ

63 :恋する名無しさん:04/04/18 01:59
読みました〜。
続き、がんばってかいてくださいね〜。めっちゃ気になります。

64 :恋する名無しさん:04/04/19 10:13
当方も読ませていただきましたっす
なんか、いいすね
なんか気持ちがグイグイきますねえ、こう。
楽しみにしてます

65 :恋する名無しさん:04/04/19 11:30

       ☆ チン        ハラヘッタ〜
                     マチクタビレタ〜
 ☆ チン  〃 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ___\(\・∀・)<  続きまだー?
      \_/⊂ ⊂_)_ \____________
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
   |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|  |
   | 淡路たまねぎ   .|/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

66 :恋する名無しさん:04/04/19 12:25
俺もこういうザックバランで気持ちのはいってるのは
好きだな。

67 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/19 12:36
続き

帰る?なして(なぜゆえに)?

「仕事中に実家に電話したんだ。そしたら親に〜うんたらかんたらほにゃほにゃ〜」

混乱してよく分かんなかったけど、要するに親が心配してるから一回帰省するってことね?
あーーーーーよかったぁ!
二度と戻ってきませんよ。お前とやってくつもりはない。ってことかと思ったよ正直。
あまりに突飛な話で動揺したけど、戻ってくるんであればおkです!





戻ってくるんであればだ。

68 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/19 12:43
続き

「いつ帰るの?」

「明日」

おいおーい。随分と急だなぁ。まぁ仕方ないさ。ここで
「ダメ!帰っちゃイヤン!ダメ〜ン」
なんて女々しいこと言えるかよ。男は狼よ。女が帰ってくるのを黙って待つ・・・。
泣き言は言わないぜ!ロングコートを着て、波止場でよくワカラン出っ張り(名前知らん)に
片足上げて、タバコを吸いつつ帰らぬ女を待つ・・・。う〜ん、ハードボイルド。

いやいや、お姉ちゃんは帰ってくるんだった。しまったしまった。


69 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/19 12:48
続き

その日は、結局ナニすることもなく普通に寝た。・・・ホントだぞ?



〜次の日〜
朝、駅に向かうバス停まで送る。

「あたし、ホントは帰りたくない・・・」
「大丈夫。すぐ会えっから」


今、思えば「俺もだよ!帰るなよ!一緒にいてくれよ!」というべきだった。
帰ったら電話するから・・・・。お姉ちゃんはバスに乗ってしまった。



結局、その日は家デンもPHSも鳴ることはなかった。
あ、俺の実家と友達からはかかってきたよ。

70 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/19 12:56
続き

それから毎日、留守電が気になる日々が続いたわけ。
だって、こねぇもんな。サパーリ。
骨折直っても、チャリンコのカゴ取り替えても、バイト辞めても。
夏休みになっても。
お姉ちゃんから電話がくることはなかった。
帰宅して、電話の留守電ランプが光ってれば急いで確認。大抵、俺の実家。
PHS、留守電入ってても友達。
そのたびにすげー悲しい。

嫌われたのか?いやいや、それはないっしょ。
じゃあ何だ?
俺の番号忘れた?それもなぁ。ないよなぁ〜。
じゃじゃじゃじゃじゃあ〜何だぁ??????


71 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/19 12:59
続き

「START ◆vRhy.T3Ja2 〜いつ帰ってくるんだぁ?」←母

あ、夏休みは帰省するって言ったんだわ。忘れてた。
しゃあねぇ、帰るか・・・。
でも、帰省したときにお姉ちゃんから電話あったら・・・どおしよ?
でも、でも、でも、でも、でも、でも、でも・・・・・・。
・・・・・
アーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!





帰省します。

72 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/19 13:08
続き

帰省するってことはだ。部屋掃除してからのほうがいいよな?
立つ鳥跡を濁さずっても言うしな。また、帰ってくるんだけどさ。




・・・・・・(掃除中)・・・・・・



ん?お姉ちゃんの詩集・・・(自費出版)
何気なく読んでみる。そういや、貰ってからまともに目を通してなかった。
・・・一番後ろのページ。何だこの人。自費で作った本にプロフィール載せてら。
んー何々???

私立%%大学付属%%高校 卒・・・。
へぇ〜実家同じ県なんだぁ。知らなかった。








ん?・・・・・んんんんんんん????????
待てよ・・・・。
つー事はだ・・・・・。

これだーーーーーーーーーー!!!!!

73 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/19 13:12
続き

脳内でテトリスの真っ直ぐな棒が来ましたよ!
ズコーーーーーン!!!!!!
もう一度、お姉ちゃんと会うためにはこれしかない!!!
神様ありがとう!!!!マジ。
沈みそうだった無敵艦隊に駆逐艦が助けにきたよ!
ただの緑の亀に、黒い大砲の援護射撃がきたよ!
真っ暗な空に一筋の光が・・・。
おぉぉゴスペルソングが聞こえる!

74 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/19 13:16
続き

俺の考えたミッションってのはこれだ。



「同じ県であれば何とかして見つけられるであろう作戦!!!!」




・・・完璧すぎる。俺、何気に頭いいかも。
ちくしょう。ちゃんと勉強したら大学行けたかも?
いや、行けたら運命は変わっていたかも知れんから、バカで良かった!

75 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/19 13:23

続き

本作戦の概要はこれだ。

1,帰省する。
   ↓
2,実家の友人に全員に電話する。
   ↓
3,「%%大学付属高校」卒の知り合いがいる奴を探す。
   ↓
4,俺の高校卒業年より5年前の「%%大学付属高校」のアルバムを借りてもらう。
   ↓
5,アルバムは最後のページに住所と電話番号が載っているはず。
   ↓
  ウマー(顔文字略)


どうだ!!!完璧だ。

76 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/19 13:25
続き

電話番号さえ分かれば、あとは野となれ山となれだ。
当たって砕けろ。だって俺無敵艦隊。
そうなれば、善は急げ!帰省だキセイ!!!
高速バスのチケット買いに行こっと。

77 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/19 13:35
続き

バスチケット買って帰省。
実家に帰るやいなや、早速友人に電話。まず一人目・・・


「つーか、「%%大学付属高校」卒で5歳上の知り合いいるよー」



何ぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!????????
貸せぇ!!!よこせ!!!!うひ。

う〜ん。出来すぎ。あっさり番号ゲット。
こんなにあっさりでいいのかよ?
神サンキュ。
しかし、緊張する・・・。どきどきどきどきどきどき。
何て話したらいいんだろ?うわぁ〜。やべぇ。




いいや!かければわかるさ!おりゃっ!

ピッピッピッピッピピピッピッピッピピ・・・・・

プルルッル・・・プルルッル・・・プルルッル・・・

早く出ろよ。うあぁ〜緊張する!!

プルッ
「もしもし##ですが・・・」


「あっ!もしもし!」

78 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/19 13:37
続き

今日はここまでです。
何やら反響があるみたいで嬉しいです。
大した文章じゃないけど、暇な方は読んでください。
次は、明日の夜にでも書き込もうと思います。
ありがとうございました!

79 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/19 13:39

今晩、出来たら書き込みします。
・・・多分出来ないと思うけど。
ごめんなさい。

80 :恋する名無しさん:04/04/20 14:50
期待してるのに あげ


81 :恋する名無しさん:04/04/22 12:29
つづき、まだあ?

82 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/22 13:46
アク禁中

83 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/22 13:47
あ、書けた。じゃ

84 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/22 13:47
続き

「もしもし##ですが・・・」
げ!これはもしやすれば、親父か?
「あっ!もしもし!¥¥と申しますが、OOさんいらっしゃいますか?」

「・・・・(明らかに怪しんでいる)。はい、ちょっと待ってくださいね」

うぁーー!かけなきゃよかったかも・・・





・(保留音は「エリーゼのために」)
長ぇな・・・
ガチャ
「もしもし!」
!お姉ちゃん!


85 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/22 13:53
続き

もうすごい会いたかった。声聞きたかった。興奮してうまく話せなかった。
だって、電話越しにお姉ちゃんがいる。約1ヶ月ぶり・・・。
すげーうれしかった。チンコまで喜んでいた。
どうして電話くれなかったのかは、聞かなかった。
とても怖かったから。
そう、うれしい。でも、怖い。また居なくなったら・・・。
無敵艦隊が聞いて呆れるようなセリフだ。
好きなんだよ。とっても。だから何でもできる反面。失った時のギャップも大きい。

86 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/22 13:57
続き

電話じゃ物足りなくなって
「会わない?」
「・・・(沈黙)」




ん?何かマズイこと言ったか?

「お父さんがね・・・」
そっか。何で会えなかったのか。電話できなかったのか。何となく想像できた。
要するに、あれだけのこと(元彼)があったから、しばらく謹慎されていたんじゃないかな?
きっとそうだ。そうに違いない!
うん。でも、許す。許しちゃう。
だってお姉ちゃんだもの。

87 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/22 14:00
続き

「また近いうち電話するから・・・」
「うん・・・」

ガチャ。




切られてしまった。何か・・・。
電話しなきゃよかったのか?ここまで色んな策を講じたのに。(大した策ではないが)
なんか悲しい。訳ワカンネ(顔文字略)

88 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/22 14:03
続き

帰省はすぐに終わり、俺は帰宅した。
実家では家族がいて、いつもガヤガヤうるさかったけど、アパートは静かすぎるんだよな。
余計、寂しくなる。
また、電話は来ないのかな?これで終わりってことはないよなぁ?
ウツだ・・・(AA略)

89 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/22 14:05
続き

あとは夜が更けたあたりにでも・・・。
今週中には終わらせたいと思います。よかったら付きあってください。
どうもです。

90 :恋する名無しさん:04/04/24 12:04
読ませていただきました
なにやら秘密の日記を読んでるようでどきどきしますなあ。。。
続き、お待ちしております

91 :恋する名無しさん:04/04/24 16:42
本にして売れ売れ!!!

92 :STARTとりっぷなし:04/04/25 20:20
アクセス規制で書き込みできないですねー
とりあえず書き溜めしてるんで、規制なくなったら一気にレスします。
待ってる人、いたらごめんなさい。
しっかしPlalaってなんだか…規制されすぎ。
今回は携帯からです。

93 :恋する名無しさん:04/04/25 20:32
俺もぷららなんで携帯からだよ〜!!…ホンットなんだよ〜週2は大杉っ!

94 :恋する名無しさん:04/04/25 20:53

うーん 吸引力の強い文章だね。 あんた文才あるよ。

期待して続編を待つ。

95 :恋する名無しさん:04/04/26 19:36
最初はこんなクソスレ立てやがってと思ったが、引き込まれるな。
完結したら保存するよ

96 :お☆初 ◆WxOHA2.uvQ :04/04/26 23:08
てか、アク禁中に暇だから、ここ読んだら、かなりお初も引き込まれた。
すっごい面白い。
新しいタイプの小説??って感じでかなり続きが楽しみです☆
早く続き読みたい!

97 :恋する名無しさん:04/04/26 23:21
続き まだですか(ノ_・、)シクシク

98 :恋する名無しさん:04/04/27 12:21
つづきぃ。。。つづきぃ。。。まだあ?

99 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/27 12:25
続き

結局、電話は全くこないまま、夏休みは終わった。
ちくしょう、海にも行ってねぇ。山にも行ってねぇ。
バイトもしてねぇ。飲みにも行ってねぇ。引きこもりだ。こりゃぁイカンでしょう。
あーだこーだしてる間にもう9月。どうーりでセミが鳴かないわけだ。
9月といえば・・・実習。う〜んダルい。何でこの学校にしたんだろ?
まぁ仕方ないさ。バイトもしてないことだし、何も思い残すことはあるまいて。
潔く実家に戻ることにしよう。(実習は、実家の近くでやるのが学校の方針)
さぁさ、バスチケも買ったし、帰省じゃキセイ。

100 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/27 12:25
続き

そんなこんだで・・・はい実習。
う〜む。俺ってこの仕事向いてるかも?うまく行きすぎ褒められすぎ。うひ。
しかし、やはり緊張の毎日。ストレスすごい。毛穴から染み出てんじゃないの?もしかして。
体力も使う使う。節々痛いなぁ。







お姉ちゃん何してんだろ?

もしかしてアパートに電話きてたらどうしよう????
実家じゃPHSはモロに圏外であるからなぁ。






気になる!!!!!!!!!!
しかし!!!!!!!!!!
俺は今実習に来てるんだ!!!!女になんぞうつつを抜かしている暇はないのだ!
心は武者なのだ!

101 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/27 12:27
続き

ガチャ

「もしもし##ですが・・・」
げ!これはもしやすれば、またもや親父か?なんだよちくしょう。
「あっ!もしもし!START ◆vRhy.T3Ja2 と申しますが、OOさんいらっしゃいますか?」

「・・・・(また明らかに怪しんでいる)。はい、ちょっと待ってくださいね」

うぁーー!かけてしまった!俺って根性なし!落ち武者!
さっきかけないって心に誓ったばかりなのに・・・





・(保留音は「エリーゼのために」)
しかし、相変わらず長ぇな・・・
ガチャ
「もしもし!」
!!お姉ちゃん!!


102 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/27 12:28
続き








う〜、何だか話づらいぞおいおい。

「今実家からかけてんだわ。俺、実習で帰ってんのね」
「あーそうなんだぁ!」
「うん。そんでね・・・・うんたらかんたらかんたらうんたら」
「うんうん!かんたらうんたらうんたらかんたら」




(小一時間ほど)




すっかり話こんでしまった。
どうでもいいような実習の話とかで。
肝心のお姉ちゃんの近況を聞きたいんだけどなぁ。何だか聞きづらいし。
「今度、会わない?」



へっ!?

103 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/27 12:29
続き


「今週の祝日・・空いてる?」
「もちろん!」
「じゃあさ、**駅に来れる」
「行きます!」






きたきたきたきたygyぎういgすぅgどんsdkんwぴj!!!!???????
おおおおおおおおおおおお!!!!!!!!
まいったかぁっ!!!!!!!!!
俺!歌います!聞いてください!
classで
「夏の日の1993」!!!!!!

ないんて〜ないんすりぃ〜恋をぉしたぁ〜OH君に夢中ぅ〜


ちなみにその頃、俺は免許がなかった。

104 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/27 12:29
続き

しかーし!そんなことはモウマンタイなのだ!
電車で行けばいいのだ!!!
なんてたってお姉ちゃんに会えるのだ!
実習中だけど構わない。終わってから電車に乗るのだ!!!!







うはははははははは!!!!!!
笑いがこらえられないぜ!
よしもう1回歌います!
classで「夏の日の1993」!!!!

(略)


むふぅ〜。今日は気分が良い。朕はバスクリンを大量に入れた風呂に入るぞ。おほほほ。
いつもの3倍じゃあ!!!!!くらえ!!!!

105 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/27 12:30
続き

〜祝日〜
もう朝からどきどき。実習どころじゃない。
あと7時間・・・5時間・・・。
おぉぉぉ!我慢は体に悪いよね?





残り10分・・・。よし!
「すいません!お疲れ様でした!」
「お疲れさーん。何か急いでるけど、デート?」
「まさかぁ。それじゃお先しまーす」

何で分かったんだ????
まぁいいや。
速攻で近くの駅まで走って、切符買って・・・。
電車乗って。
いってきまーす!!!!!!

106 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/27 12:31
続き

到着!!!!!
久しぶりに電車なんぞに乗ったもんだから緊張したよ。
・・・最近の高校生って・・・発達してますなぁ。
とても二つしか違わないとは思えないよ。ビクーリだ。
まぁどうでもいいや。

電車から降りて、東口の駐車場で待つ。待つ。待つ。





ふ!待つのにはこちとら慣れっこなんだ。現在、PM7時。
とことん待ってやるぜ!・・・・終電までは。

107 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/27 12:32
続き

待つこと20分ほど、向こうから白い車が近づいてきた。
随分、古い車。今時フェンダーミラーだ。ファミリアか?あまり詳しくないけど。
夏の7時過ぎ。さすがに少し薄暗くて、乗ってる人はよく見えない。
でも、お姉ちゃんに違いない。



「お待たせー!!!!」


な?でしょう?
じゃ、我慢して落ち着きある感じに見せてたけど、そろそろ興奮するぜ。


108 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/27 12:34
続き

キキキキキキキキキキキキキキ
タァァァァァァァッァァァァァァァッァァ!!!!!!!!!(顔文字略!激しく!)

じゃあいつもの歌います!
チャゲ&アスカで
「SEY YES」!!!!

余計な〜物など〜ないよぉねぇ〜AH〜すーべてがきーみとお!!!!




いいや、やめた。盛り上がるのはこれからだ!夜だし。久しぶりだし。
うひ。

「話したいことがあるんだ・・・」

ん?何?何?


109 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/27 12:41
続き

そして。俺らってば、車で夜の街をひたすら走る。
「公園に行こう」
お姉ちゃんの行きたいっていう公園目指して。
流れるヘッドライトはすごくきれいかもしれないけど、俺らには全く関係ない。
お互いを見るのが精一杯で。
今まで話せなかった分、これでもか!これでもか!まいったか!とばかりに話は尽きない。
でも、楽しい時間ってあっという間に過ぎるよねぇ。不思議。
誰か偉い学者さん。謎を解明してくれ。





「とうちゃーく!」

おお。公園すごい景色(夜景)がきれいだ!!!!!!
こりゃーええ。・・・でも、ここって・・・・・・・。

110 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/27 12:47
続き

お待たせ(?)しました。今日はここまでです。
なかなか書き込みできなくてすいません。
全部Plalaがぁー悪いんだぁ!!!!
2ちゃんがぁー悪いんだぁ!!!!
管理してる奴らがぁー悪いんだぁ!!!!




とは思ってませんが、規制で急に書き込みできなることもあるので我慢って大事ですよね?←偉そうですね。

ここまでこの至らない文章を読んでくださった皆さん。どうもです。
暇な方は、また続きを読んでみてください。ではノ

111 :恋する名無しさん:04/04/27 18:24
はっきりいってつまんないし終了しなよ。
スレの無駄使い

112 :恋する名無しさん:04/04/27 18:37
最後までやってくれないとやだ

113 :恋する名無しさん:04/04/27 18:38
おもしろいよ
楽しみにしてるから

114 :STARTケータイより:04/04/28 01:08
いやー、またPlala規制ですか…はっはっは。
もはや笑えますね。
えーと。話はできあがってます。実は。
書き込みできないだけで。
解除されたら、一気に終わらせます。ホント、ごめんなさい。
でわノ

115 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:43
続き

そう。ここってこの辺りじゃ有名な公園。
通称
「恋人たちが夜に集う怪しい公園」
なのだ。
公園とは名ばかりで、何の遊具もない。なのにベンチだけはたくさんあり
夜になれば夜景がきれいなもんだから多くのカップルが集まり、ベンチでイヤンイヤン。
そして、周りはよくわからん小さい木で囲まれ、その中からも・・・イヤンイヤン。


おいおーい。こんなところに連れて来られたら、期待しちゃうよなぁ。普通。
ん?もしや!久しぶりあったもんだから・・・早速ですか??????
いやー参ったなぁ。実習だったから疲れてるんだよなぁ。
しかし、すでに俺のチンコは臨戦状態。

116 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:43
続き

「ベンチ座ろっか?」
二人仲良くベンチに座る。距離は少し空いている。





しかしきれいな夜景だ。海にはたくさんの光が見える。漁船?
「何だろうね?あれ」
「イカ釣り漁船だよ」
「違うでしょ」
「じゃあマグロ漁船だよ」
「バーカ」
なぁーんて感じでどうでもいい話をしちゃってみる。
しかし、すでに俺は興奮しまくっていた。つか、するって!
だってねぇ・・・周りの奴らからイチャイチャしてます光線がビシビシ飛んでんだもんなぁ。
お姉ちゃんは谷間を見せる服だし。あぁぁぁぁぁ。チンコ張りすぎて痛い・・・。

117 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:45
続き

「あたしね。こっちで就職したんだ」


へ?マジ?
「うん。広告代理店(もしかしたら旅行代理店かも。うろ覚え)」

ごめんね。俺のせいであっちにいられなくなったんだねぇ。
ごめんお姉ちゃん。
俺、学校卒業したらこっちに戻ってくるから。お姉ちゃん大事にするから。

「そんでね、お見合いしたんだ」







何ですと?

118 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:45
続き

お見合い??????
おみなえし?????
お手洗い??????


START ◆vRhy.T3Ja2は混乱した!
START ◆vRhy.T3Ja2 は混乱している!
START ◆vRhy.T3Ja2 は叫んだ!
「マァーーーーーージィーーーーーーでぇーーーーーー!!!!!!??????」
しかし、声は虚しくこだました!


ん?ん?ん?ん?ん?ん?
どういうことだ?????

119 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:46
続き

「あたしね。結婚しようと思うんだ」



いつかのように暑くて出る汗とは違う汗が背中を伝うのがはっきり分かる。
いかん。終わる。終わってしまう。このままでは・・・。
イカーーーーーーン!!!!!!

よし・・・ここは勝負に出よう。それしかない。

俺は抱きしめたさ。お姉ちゃんを。そりゃもう全力で。
お見合いとか、就職とか、実習とか。全て忘れて抱きしめましたよ。
だって「結婚しようと思うんだ」とか言うからさ。そして言ったんだよ。


「嫌だ!!!!俺がお姉ちゃんを大事にするんだ!!!!結婚なんかやめれ!!!!」


120 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:47
続き

かっこいいねぇ。俺。多分一生でこれから先言うことはないだろうセリフを
周りのカップルに聞こえちゃったんじゃないかな?どうかな?
ってぐらい大きい声で言っちゃったね。

「・・・・(無言)」
ん?お姉ちゃん泣いてる?
いやー、失敗したか・・・・。ごめんね。また泣かせちゃったねお姉ちゃん。
ますます周りのカップルは
「何だアリャ?」
て思ったかもね。関係ないけど。


「うれしいの。あたし。START ◆vRhy.T3Ja2とずっと一緒にいる・・・」





大おお大オオ大オオおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!
もらたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁl!!!!!!!!!!

121 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:47
続き

でも、そこで慌てちゃダメダメ〜。
落ち着いてさらっと
「うん。俺、必ずこっち戻ってくるから。学校終わったら。
 そんで、お姉ちゃんをずっと大事にするから・・・」

「うん・・・」


貰った・・・・・・・・・。うひ。
そして俺、お姉ちゃんの涙を手で拭いてあげて



チューした。

122 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:48
続き

その時の味はまだ覚えてる。
お姉ちゃんの涙と鼻水でとても塩っぱかった。
でも、とても甘かった。
スイカに塩かけると甘くなるよね?そういうことじゃないんだよ?
気持ちがこもってたからかな?
とにかく甘かった。
好き。お姉ちゃん。大好き。
もう俺のもの。誰にも譲らない。
さぁ、俺の無敵艦隊に乗るんだ!お姉ちゃん!お姉ちゃんが乗ったら
もう史上最強無敵艦隊大和。お前ら周りのカップル!!!1発づつビンタだ!!!!並べコラ!!!!





チンコはギンギンだったので、ばれやしないかと足組んだりしてごまかした。
いい場面なので、立ってる場合じゃないんだよ。

123 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:49
続き

頭の中は何も考えられず。
ただ時間があまり早く過ぎないことを祈った。頼むよ。
このまま、抱きしめさせてくれ。


お見合い・・・
結婚・・・
就職・・・
旅行代理店(広告代理店)・・・
イカ釣り漁船・・・
マグロ漁船・・・
ファミリア・・・
亀に羽生えた奴・・・
お姉ちゃん・・・

頭の中に単語だけが出てくる。不思議だね。こんなこと今まで無かったのに。
ありがとうお姉ちゃん。

124 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:50
続き

名残惜しかったけど、さすがに終電に乗らないとね?
明日も実習なんだよ。しかも最終日。気合入れないと。





駅のホームでお姉ちゃんは離れたくなさそうに
「また連絡するから!絶対するから!」
と言ってくれた。
今まで連絡来なかったけど、また待つよ。来なかったらこっちからかけるから。
お姉ちゃん・・・。






そして、お姉ちゃんの姿を見ることができたのは、これが最後だった。





実習は無事終わり(評価A。ふふふ)、俺は自分のアパートに戻った。
また、お姉ちゃんからの連絡を楽しみにしながら・・・。


125 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:51
続き

電話は意外と早くに来た。俺、喜んださ。
だってまた待たされるかと思ったんだもん。でも、来なきゃ良かった。
だって・・・





アパートに戻って、実習日誌のまとめに追われ3日が経った。
普段は吸わないタバコ。何か書いてる時、勉強してる時だけ吸うマイセンスーパーライト。
さっぱり美味しくない。どこがうまいんだ?タバコなんて。


プルルッル!プルルッル!プルルッル!
はいはい・・・マンドクセェなぁ。

「はい。START ◆vRhy.T3Ja2ですけどぉー」

「・・・あたし」

お姉ちゃん!!!!!!!

126 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:52
続き

いやー電話来ないからかけようかと思ってたよー。
よかったよかったぁ。疲れてたし、リフレッシュじゃあ!!!!


「やっぱりね。・・・START ◆vRhy.T3Ja2と別れることにした」






はぁ?????????????????????????
ん????????????
終わりってこと?


127 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:53
続き

意外と俺は落ち着くことができた。
そんなに取り乱さなかった。ただ、勝手な言い分にムカついた。
初めて。最初で最後。
お姉ちゃんとケンカした。
涙も出なかった。不思議と。
今ではよく憶えていない。内容は。でも、ホントに腹が立った。



「もう2度と電話しないで!!!!!!!」
「するかよっ!!!!!!!!」
ガチャン!!!!!!!





あっけないもんだ。あまりの怒りに部屋中物をひっくり返して。
メチャクチャにして・・・・・。壁に物を投げて・・・。
そのうち、出なかった涙が出てきた。
止まらなかった。隣に聞こえるんじゃないかってくらい。
声を上げて泣いた。

128 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:54
続き

電話はかけ直さなかった。どうしてもできなかった。
すればいいのに・・・。俺のバカ・・・。
部屋を片付けて
「何やってんだろ俺?」
また泣けてきた。
情けないな。恥ずかしいな。ケンカしちゃったよ。お姉ちゃんと。
隣から苦情来ないよな?





日誌書かなきゃ・・・。



そして、電話は来なかった。かけなかった。
本当に終わった。嘘じゃない。もうお姉ちゃんと会うことは2度とないんだ。
・・・あっけないな。

129 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:55
続き

それから。俺は学校卒業するまで何人もの人(ぶっちゃけ2人)
と付き合ったけど、もう無敵艦隊が動き出すことなかった。
悲しいくらい。
どんな人もお姉ちゃんに比べたら・・・。いや。
俺が冷めているだけなのかもね。
浮気なんかしない。一途だ。でも・・・。







お姉ちゃん・・・。

130 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:56
続き

それから5年が経った・・・・・。
結局、俺は実家に戻んなくて。こっちで就職した。
彼女もいる。同居はしてない。すごい好き。ヤバイ。
今度、引越しするんだ。二人で住もうかなぁー・・・なんて。
いやー恥ずかしいねぇ!おまいさん!

部屋少し片付けとこうかな?クローゼットの中・・・うわぁ。
こりゃこりゃ。イカンですたい!



・(掃除中)



しっかし汚いなぁ。もう6年住んでるけど、クローゼットは未開の地だからなぁ。
お!謎のダンボーゥルハケーン。開けーる。
オゥ。教科書イパーイ。捨ててやる!!!!!



ん?これって・・・・・。

131 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:57
続き


       ムーンライト
               ダイビング



これ・・・。この本。お姉ちゃんの詩集だ・・・。
懐かしい・・・。まだきれいなままだ。
掃除をほったらかして読書。







俺は一生作家というものはワカランだろうな。
不思議な人間だ。お姉ちゃんももちろんだったけど。

132 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:58
続き

あれだけ好きだったのに。5年も経つと顔も忘れちゃうんだね。
全然思い出せないよ。お姉ちゃん。
俺、そう思うと少し寂しい・・・。でも、ニコニコ。不思議な気分。
・・・懐かしいね。
今じゃもう好きじゃないけど。・・・いや、完全に好きじゃなくなったわけじゃないよ!?
あ!やり直したいわけじゃないからね!?勘違いされちゃあ困る。
今、どうしてるんだろ?お姉ちゃんは。


元気かな?
結婚したかな?・・・・・・・少しムカつくな。
子供できたかな?


まだ詩書いてるのかな?
少しは老けたかな?もうすぐ31になるはずだし。
・・・今もあの人懐っこい顔で笑ってるのかな・・・?

133 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/28 23:59
続き

あぁ。こんなこと言ったら彼女に怒られるかな。
久しぶりにお姉ちゃんに会ってみたいな。
・・・いや、変なことはしないよ?分かってるだろ?そこらへん。
でも、もう2度と会うことはないんだろうなぁ。








でも、でも。でもね。もし会えたら・・・。





ねえ、お姉ちゃん?
話したいことがいっぱいあるんだ。聞いて欲しいことがたくさんあるんだよ。俺。



134 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/29 00:00
続き



      「お姉ちゃん!聞いて聞いて!
      
       俺ねぇ!今付き合ってる人いるんだよ!
       
       うん。すごい好き!
      
       そんでね!聞いて!ふふふ。その人ねお姉ちゃんと同じ名前なんだよ?
       
       0000っての。苗字も同じ!でも、身長も、顔も、性格も違うんだよ。

       ・・・別にお姉ちゃんに未練あるわけじゃねぇよー!!!

       ・・・なーに笑ってんのさぁー。怒るよ・・・。

       それでね・・・12歳も年上!!!!すごいべ?????

       それでね!それでね!聞いて!聞いて!・・・・・・・・・・・・・」







おわり

135 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/29 00:01
↓ここの下からあとがき。
↓今まで以上にくだらないし、突っ込みどころ満載なので
↓見ると気分を害する恐れがありますので、要注意。

136 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/29 00:03
ちょっとした後書きのようなもの

今思えばなぜ
「無敵艦隊になれる時」
なんてセンスもクソもないようなスレタイにしたのか疑問。
まぁいいけどね。
この物語を通してSTART ◆vRhy.T3Ja2が言いたかったのは

大人になるってこと
無敵艦隊になるってこと

この2つ。
大人になるってのは難しいね。どうすればなれるのか、具体的なものねえもん。
自動車免許持ってると大人ってのもよく分かんないし
法的に20歳以上は大人だ!!!って言われても・・・ねぇ?
よく分かんないよねぇ。
俺にとって大人になるってのはすんごい憧れ。何か、何でも出来ちゃう。的な。
今でも答えははっきりとはワカラン。
でもね。きっとね。痛みを乗り越えて、自分を高めていけば
いつの間にか周りから大人だと認めてもらえるんじゃないかなぁ。
と思ってみたり、思わなかったり。随分、抽象的で伝わりにくいね。

137 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/29 00:04
後書きの続き

そんで、無敵艦隊になれるってのはそのまんま。
何も考えず、突っ走るってこと。
なかなかないよね。これって。
恋愛でも何でもかまわないけど
「おおおおお!すごい無敵感!!!!」
てな時、誰でも1度や2度感じたことあると思う。
でも、常識とかなんとかに邪魔されて、無敵艦隊になれなくて
何だか煮え切らない。かっこつけちゃう。
そういう時も多い。
それじゃあイカンのよ。
イケル時はいっとかないと。意外と年取るのって早いんだぞ?


138 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/29 00:05
後書きの続き

でも、大人ってもんになるにつれ、なかなか無敵艦隊になれないよねぇ。
何でだろ?落ち着きが出ちゃうからかな?


それじゃあイカンよね。きっと。
どこまでも突っ走る。とっても大事なんじゃないかな?


ちょっと話は変わるけど、「無敵艦隊」てのとSTART てコテハン。
実はちょっとした繋がりがあるんだよね。
誰も興味ないと思うから、ここでは内緒にしとく。
バラしたら・・・・・・・。



やっぱやめとこう。



139 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/29 00:09
後書きの続き

何くさいこと言ってんだよ?このバカ野郎。
ウザイ。氏ね。

うん。でもね、無敵艦隊になりたくないかい?
そのまま、煮え切らなくていいかい?
それでも、何も感じないかい?
ムカつく。つまんない。面白い。頑張ろう。
何でもいいからこのスレから感じてもらえればいいかな、と思う。

そんな感じでこの話は終わりです。
今まで読んでくださった方。ホント感謝してます。
途中
「やめようかなぁ」
なんて思ったりしました。でも何とか書き上げることができたのは
ひとえに皆さんのおかげです。どうもです。
読みにくかったでしょう?
すいません。
我慢してください。マジで。
知能指数が少ないから、この程度の駄文しか書けません。
でも、最後まで読んでくれてどうもでした!






最後に・・・この話。実はね・・・・・・・・・・・・。





                                     ホントに終わり


140 :恋する名無しさん:04/04/29 00:27
START・・・乙かれっ!!!
初めのうちは寒いなコレって思ったけど・・・
・・・うん、面白かったよ、なかなか!!!

141 :お☆初 ◆WxOHA2.uvQ :04/04/29 00:27
うおおおおおーーーーーー!!!!!!!

読んだ!!読んだよーーーーーお!!
読書が苦手なお初も興味深深で、サーーっと読めるんだよ。なんででしょうね¥
てか、涙出そうになりました☆

若いうちはいくらでも無敵艦隊になれるよ☆
この話実は…が気になるけど☆
マジでかなり楽しめた。
コレがフィクションでも、ノンフィクションでも、どっちでもいいよ。
話は終わってもSTARTとは話がしたいと思ったもん☆

142 :恋する名無しさん:04/04/29 00:44
>>141
うん、俺もSTARTともっといろいろ話したいって思ったよ〜〜〜!!!
・・・でも、なんかこのまま引退?するのでは??・・・
って気がするんだよ、これ読むと・・・・

143 :お☆初 ◆WxOHA2.uvQ :04/04/29 00:53
>>142
なんかお初もそんな気がしてならない…。
マジで、この話がウソでもリアルにあったことでもいいから、
小説家の卵で、ここで試しただけどか、なんでもいいから、話したいよね☆
マジで、このスレッド発見できて、むしろアク禁に感謝☆

144 :恋する名無しさん:04/04/29 02:05
乙!
楽しく読ませていただきました。
今の彼女と幸せになー。

145 :恋する名無しさん:04/04/29 02:26
>>START
なんか切なくて、でも鬱じゃなくて
なんかすごく・・・
ありがとう!おまえすごいよ



無敵艦隊とコテの意味激しく気になる。
よかったらおしえれ

146 :恋する名無しさん:04/04/29 02:44
ありがと。素直に楽しませてもらったよ。

でも、話のオチがちょっと・・・・・
無理しないで読み手を突き放しても良かったと思う。

次作、期待してますw

147 :恋する名無しさん:04/04/29 03:16
自分がかつて無敵艦隊だった頃を思い出したよ…


148 :恋する名無しさん:04/04/29 18:07
ごめん、意味わかんないんだけど誰か教えて(´・ω・`)
今付き合ってる人っていうのはお姉ちゃんと同性同名で別人???
「この話実は・・・」なんなの???
このオチでみんなは消化不良にはならないの???(+д+)

149 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/29 19:01
ども、本当は書き込みしないつもりでしたが、読んでくれた方
いたようで・・・ホントどうもです。
このお話の内容についてはあえて説明しません。
というのも、普段何気なく人から聞く話でも小説でも
一人ひとり聞き手、読み手が違うと思います。
捉え方は十人十色。それぞれ違ったってかまわないと思うんです。
つーかむしろそうであればいいかなぁ、と。
勝手なこと言っちゃってすいません。

>>148さん
「今付き合ってる人っていうのはお姉ちゃんと同性同名で別人???」
これはですね、お姉ちゃんはホントにありふれた苗字、そして名前なわけですよ。
例えれば「佐藤由美子」みたいな。(全国の佐藤由美子さんごめんなさい)
そんなわけで、現在付き合ってる人もたまたま同じ苗字で同じ名前だった。というわけです。
分かりづらくてすいません・・・。

「この話実は・・・」
これはですね。勿体ぶってるだけです。私が。
ここで直ぐに言っても構わないんですが・・・。
えーい。言っちゃえ。


最後に・・・この話。実はね・・・・・・・・・・・・。もう一つのお話があるんです。(続きじゃないですよ)
                           


150 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/04/29 19:03
もうこれ以上お話の内容について説明はしません。
あとは煮るなり焼くなり好きにしてください。
ではまたノシ

151 :恋する名無しさん:04/04/29 21:09
>START ◆vRhy.T3Ja2
まだ850もレスできることだし
その"もう一つのお話”とやらを書いていただけると
ありがたい。

152 :恋する名無しさん:04/04/30 18:52
うん、ありがたい

153 :恋する名無しさん:04/04/30 20:49
もうひとつの話もきぼんぬ

154 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/05/01 00:24
どうもです。
ただいま準備中ですので、もうしばらくお待ちください。
GWなので旅行に行ってきます。連休明けには再開したいかなぁと。
でも、できるのかなぁ?と。
うーん。出来るだけがんばります。


155 :お☆初 ◆WxOHA2.uvQ :04/05/01 00:32
>>154
すっごい楽しみ☆
旅行、いってらっしゃい☆
首を長くして待ってます。

156 :恋する名無しさん:04/05/01 00:36
漏れも何か書こうかな

もてない童貞の一生を・・・

157 :恋する名無しさん:04/05/01 00:39
>>154
おかえりっ!!
・・・うれしいけど、う〜〜〜ん、複雑だなぁ・・・
このまましばらく消えてても、このスレはアゲてたのに・・・
・・・でも、続きが見たいっ!!

158 :お☆初 ◆WxOHA2.uvQ :04/05/01 00:41
ファンが沢山いますね☆

159 :恋する名無しさん:04/05/01 01:34
ノシ

おれもいるです。

160 :一人なのに艦隊?というのはおいておいて:04/05/01 04:12
面白かったにょ。

161 :恋する名無しさん:04/05/01 20:52
俺もファン
別の話待ってるよ!!


162 :恋する名無しさん:04/05/03 02:50
読み初めはマジつまんねーって感じだったけどだんだん文章に引かれっていって最後まで読んじゃいました。最後の方ちょっとウルってきちゃいました、俺にもなんか似た過去があるから共感してさ。続き楽しみに待ってるよ!

163 :恋する名無しさん:04/05/03 03:31
俺文章全く書けないからほれる。


164 :恋する名無しさん:04/05/04 09:51
おもしろかった!感動した!
なにげな〜いほのぼのした感じが良かった。
俺も似たような経験あるから共感できたよ!

続き待ってるよん。


165 :恋する名無しさん:04/05/04 09:59
http://love2.2ch.net/test/read.cgi/lovesaloon/1083561017/
スレ主 TONIGHT ◆vRhy.T3Ja2  同じだね。

せっかく期待していたのに・・・・裏切りやがって。

166 :START ◆vRhy.T3Ja2 :04/05/04 15:47

お勧めできません。このお話以上にくだらないです。
勿体ぶってすいませんでした。
一応最後まで書きますが・・・。

167 :恋する名無しさん:04/05/04 23:11
あっちはおねえちゃんの立場から書いてるのか…。
まぁ、気長に待つよ。

61 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)